台風とゲリラ豪雨

防災TOP > 豪雨災害対策 > 台風とゲリラ豪雨

台風とゲリラ豪雨

台風とゲリラ豪雨

雨を降らせる原因というのはもちろん雨雲によって降るわけなのですが、その雨雲が発生する原因というのは、実にたくさんあります。
もちろん雨雲というのは、暖かい空気が熱せられて、上に上がっていくことによってできるのですが、その原因というのがいろいろあります。
まずは、台風というのは、熱帯地方の暖かい海の上で発生します。
ですので、台風が発生する場所で、北海道から来たなんて話は聞いたことがありません。
日本に来る台風は、フィリピンや太平洋上で発生したものがほとんどです。
その台風は、海上を進みながら、豊富な水分と温度を蓄えて、どんどん勢力を強めていきます。
そして、陸に上がってしまうと、途端にスピードが早くなり、勢力も弱くなります。
もう一つ、最近よく聞く雨の現象として、ゲリラ豪雨というのがあります。
これは全く予想ができません。
台風の進路や雨の予報というのはある程度分かるのですが、ゲリラ豪雨は全く発生の予知ができないのでそう呼ばれています。

 


関連記事

  1. 土砂災害でのがけ崩れ
  2. 豪雨時落雷時は木の真下は危険です。
  3. 台風とゲリラ豪雨